レザーバックの特徴

香りや丈夫さ

レザーバックの特徴といえば、まずは革製品の独特な香りです。
これは好きな方と嫌いな方と分かれます。

それから、使えば使うほど革が柔らかく馴染んでいき、味がでてくるということです。
また、しっかりしたお手入れが必要で、お手入れをしっかりしていれば長持ちし、
お手入れをしていなければすぐダメになってしまうことです。
硬化してひび割れをしたり、カビが生えてしまうこともあります。
一般的にはこれらの特徴がよくあがります。

しかし、レザーと一口にいっても様々な種類があることをご存知でしょうか?
多くのバックには牛革が使用されますが、その他にも豚革、馬革、山羊、蛇等が使用されます。
レザーバックの特徴はレザーの種類によっても変わりますし、更に同じ牛革でも、
牛の年齢や性別などにより、バックの質感や価格は変わってくるのです。

つまりバックの使用用途や目的によって、選ぶべきレザーバックの種類は変わってきます。
自分にあうものを素材から探し出すところにも、一生モノとしての上質さを感じることができます。